2008年03月28日

藤田『ニーチェ』/池内『悪魔の話』

藤田健治(1970)『ニーチェ その思想と実存の解明』中公新書

入門書。その人生と思想展開を、所々著者の昔話を交えながら追っていく。主要な著作はすべて織り交ぜてあるので、その全体像を容易に掴むことができる。ニーチェという人は本当にスケールがでかい思想家だ、というのが読了直後の印象。まあ、それも19世紀という転換期の世相抜きに考えることは出来ないわけであるが。やはり、破壊者と創造者の両面を指摘しておくことが、彼の正当な評価には必要なのであろう。その創造者たる面、彼の精神の貴族主義と呼べるところのものについては、個人的に共感するところがある。ニーチェの哲学を相対主義の元凶として切り捨てたシュトラウスが、実はニーチェ的であった、というような主張ができるのもこの点に関してであろう。しかし、そのために既存の秩序をその根底から否定することは、半ば時代の反映であったとは言え、そうそう首肯できることではない。彼は「大いなる政治」を語るが、それはもはや政治ですらないだろう。まあ、現在の貧相な思考では考え付くことも限られるので、今後その著作を読み進めていくうちによりクリアーにまとめていくことができるかと。あと、「生の永劫回帰」にちなんで、『輪廻と転生』(石上玄一郎著, 人文書院, 1977)なる本が書棚にあったので今度読んでみようかと思う。

著者の藤田健治(1904-1993)について。著者経歴欄には東京帝国大学文学部哲学科卒、生前の肩書きとしてお茶の水大学名誉教授とある。更に詳しくと思ったが、ググってみてもめぼしい情報が得られなかったので、今のところはこれしか判らない。ただ、著作集があるそうなので、今度そっちをあたってみようと思う。本書の記述からは、内外の多くの著名な研究者と交友関係をもっていたことが伺える。

==========
池内紀(1991)『悪魔の話』講談社現代新書

ふと書棚に目をやるとこんな本が混じっていたので読んでみた。なかなか興味深く読めた。あとがきにはこうある。「もっとも書きたかったのは、それ(悪魔)ではない。もっと危険で、もっと凶猛な悪魔、つまり人間を書きたかった」(p.204)。その言葉どおり、各章末にはシニカルな世相批判、人間批判が並ぶ。多少鼻につくものも無きにしも非ずだが。

著者の池内紀(おさむ)(1940-)について。Wikiにエントリがあったので、以下に一部改変して転載。(リンク)
-----
池内紀は、日本のドイツ文学者、エッセイスト。兵庫県姫路市出身。東京外国語大学外国語学部卒業、東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。神戸大学、東京都立大学、東京大学文学部で教鞭をとり、定年前の1996年に退官。退官後は文筆家、翻訳家として幅広く活躍している。NHK-FM「日曜喫茶室」の準レギュラー。天文学者の池内了は弟。アラブ研究者の池内恵は息子。
-----
posted by ta at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 文献レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロック『人間知性論』B

ロック『人間知性論』B

ラスト第4巻。。。 ここでは真知と臆見について論じられる。

真知(knowledge)とは「私たちの観念にあるものの結合・一致の知覚、あるいは不一致・背馳の知覚」(p.153)とされる。このような知覚には4種類あって、それらは@同一あるいは差異、A関係、B共存ないし必然的結合、C実在である。それぞれが知覚の方法によって現実的真知と慣習的真知に、ならびにその程度によって直感的真知、論証的真知、感覚的真知に分類される。続けて、真知の範囲ならびに無知の原因、そして真知の真実性に言及されるが、最後のものは基本的に第1巻で観念について述べられたところの繰り返しである。

次に、話は真理命題に移る。真理(truth)は真知と異なる。真知とは知覚であり、真理とはその知覚に基づいて形成される命題の内容を指す。命題には、心的命題と言辞的命題が存在する。また、真理は真知と同様に、その程度と対象によって真実な真理、精神的真理、形而上学的真理に分けられる。ここでも、煩瑣になるので個々の説明は省く。命題については、第7章で普遍的命題、第8章で公準(maxims)、第9章で無価値な命題が扱われるが、最初のものだけが真理性と絶対確実性を持つとされ、その有用性が認められる。無価値な命題については勿論のこと、それまで自明とされてきた公準・公理と呼ばれるものに関しても、それに付随するスコラ的な生得原理とともに否定的に評価される。第9章から第11章では、存在について述べられ、それぞれ、われわれ自身、神、それ以外の事物の存在が扱われる。神の存在証明については、スコラ的な論法が用いられ、われわれ自身の存在が自らの直感によって絶対確実であるならば、それに付随する属性を引き出す他の確実な存在がなければならない。そして、そのような存在の連鎖を遡っていけば、「ある永遠な、このうえなく力能があり、このうえなく知る存在者」(p.171)に最終的に行き着かざるをえなくなる。それが神である。これに対して、それ以外の事物の存在に関しては、われわれの感官によって覚知される限りにおいて、真知に相当するとされる。これを超えるものに関しては蓋然性に過ぎない。第11章の最後で再び命題の分類(存在に基づくもの)に言及されるのだが、どうもロックは思いついたことをその都度付け加えていっているような感じがしてならない。蓋然性(probability)については、第15章が宛がわれているが、それに前後して、真知と判断(judgment)の区別が取り上げられる。蓋然性とは真知と対比される臆見(opinion)であり、論証に基づいて判断と人々の間の同意(assent)の対象となる。(本巻のタイトルの和訳は「真知と臆見について」となっているが、原文は“Of Knowledge and Probability”である)

様々な命題の中で、真知のように絶対確実性を持たずとも、ただ論証だてによってそれに対する人々の最高度の同意を要請するようなものが存在する。そのような命題が神の啓示(revelation)であり、それに対する同意がまさに信仰(faith)となる。そこで、ここからが本巻の一つの山場になる(と勝手に思っているのであるが)、いわゆる理知(reason)と信仰の区別がなされる。ロックにおける理知に関しては、本文よりも本書の解説にあった言葉を抜き出しておくほうがよいだろうし、それで十分であろう。すなわち、理知とは「抽象や推理などの複雑な過程を含む論理的思考機能であり、…経験を超えた形而上学世界を認識する能力ではない」(p.24) そして、「この理性と感覚機能を含む、心の知的機能が知性understandingであって、知性は、いわゆる理性と対立する悟性(Verstand)のような、理知ないし理性とは別種の心的機能ではない」(同)のである。この理知と信仰の関係は、スコラ哲学においても(当然のように)問題にされてきたが、ロックは、トマスにならい、両者の領域を峻別する。したがって、この区別を曖昧にし、理知に正当な役割を担わせないような「不可能だから私は信ずる(Credo, quia impossibile est)」という態度は狂信(enthusiasm)に至るとして拒絶する。(ちなみに、スコラ哲学の創始者とされるカンタベリーのアンセルムスは「知らんがために、私は信ずる(Credo ut intelligam)」という似たような標語を残してはいるが、意味は全く異なり、信仰を理性(理知)に優位させるものの、その位置と役割をきちんと与えている。トマスは、アンセルムス以上に理性の役割を拡大したが、その影響がロックに明確に見られるように、近代哲学のはしりとなった)

最後に、第21章においてロックは学(sciences)の区分について述べているが、中でも三番目の部門、記号学(セーメイオーティケー)に触れておくことは認識論の系譜から重要であろう。すなわち、中世イギリスにおいてドゥンス・スコートゥスからウィリアム・オッカムへと展開する唯名論的個別主義から導き出された、普遍とは実在するものでなく記号(signum)に過ぎないとする記号主義の影響が強く見られるのである。

コメントとして、この論文はお世辞にも上手にまとめられているとは言えない。このことは、ヒュームの『人性論』と比較する際に一層鮮明となろう。正直、まとめるのがめんどくさかったw なので、中公バックスに収められていたのは抜粋訳ではあるが、今後全訳(文庫版では巻数に応じて4分冊)にあたろうとは全く思わないw

訳者の大槻春彦についてはググっただけではめぼしい情報が出てこなかった。ただ「日本デューイ学会」の創設に深くかかわった方だということはわかった。まーまたどこかで…。
posted by ta at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 文献レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

ネグリの来日が中止になったとか

ttp://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/from/blog/2008/03/post-71/

見事な縦割りw
posted by ta at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

ロック『人間知性論』A

ロック『人間知性論』A

第3巻「言葉について」。まず、序盤の重要フレーズを抜き出しておこう。
言葉は、…直接の意味表示では、言葉を使う人の心にある観念を表すだけである(p.136)
言葉をたえず使うと、ある音とその表わす観念との間に堅い結合ができてきて、名まえを聞くとほとんど即座に一定の観念を喚起するようになり、この観念を産むに適した事物それ自身が現実に感官を感触したときと変わらないのである(同)
後世に批判にさらされることになる、いわゆる意味論上の観念説である。
一般とか普遍とかは実在の事物に属さず、知性が自分自身で使うために作った案出物・創造物であって、言葉にせよ観念にせよ、記号だけにかかわる。普遍性は特殊な存在である事物自身には属さない。(p.137)
この唯名論的立場が本巻でさらに明確になっていく。その表われのひとつが、ロックが実在的本質(real essences)および唯名的本質(nominal essences)と呼ぶところのものの区別であろう。前者は、「事物の、私たちに発見できる諸性質が基づく実在の内的な…組織」(p.138)を指し、後者は、「(存在という)その根元の意味表示をほとんど失ってしまい、事物の実在的組織の代わりに(あてがわれた)…人工的組織」(同)のことを指す。従って、この唯名論的本質は文字通り名まえと密接に結びつくことになる。このことは類と種(ラテン語でgeneraならびにspecies)と呼ばれる前回紹介した「実体」の複雑観念に深く関わる。
実体の実在的本質については、私たちは、それがなんであるかを的確に知らないで、その在ることだけを想定する。が、実在的本質を種に結びつけるものは、いつも唯名的本質であり、実在的本質は、この唯名的本質の想定された根底・原因なのである(p.142)
私たちはある実体についてそのうちに合一している単純観念の知識より以外の知識を持たないし、また、いくつかの特殊な事物が他の特殊な事物と、それら単純観念のいくつかで一致することを観察する。そこで、私たちは、こうした観念の集まりを種の観念として、これに一般的な名まえを与える(p.143)
言うまでもないことだが、我々がいわゆる「犬」という事物を会話の中で表現するとき、その具体的個物をすべて挙げて表現するわけにはいかない。従って、「犬」という実体(種)、すなわち「犬というもの」をお互いに想定する・・・・ことで会話を短縮し、それによって利便性を確保するのである。急に話は飛ぶが、ロックの言う実体とはいわば「最も消極的な意味でのイデア」、すなわちある種の(普遍的)共有知を求める認識論的基盤を提供するものであると言えよう。

あと、ロックの言う混合様相というのがどうもイメージしにくいのだけれども、まあいいか。

----------
今回はこれだけ。次回は第4巻を…。
posted by ta at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 文献レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロック『人間知性論』@

ロック(大槻春彦訳)(1980)『人間知性論(1689)』(中公バックス 世界の名著 32)@

ほぼ3週間ぶりのまともなエントリ。

まず、第2巻の「観念について」で、ロックの認識論の骨格が示されているので、用語の整理を行っておくと便利だろう。

01.観念(idea): 特に説明は不要であると思う。我々が常日頃、この訳語で知られる意味とそう大差はない。ただし、ロックにおいては人間の知性が観念を得る場合(正確には単純・・観念)、2つのルートがあるとされる。一つが感覚であり、もう一つが内省である。また、人間が生まれながらにしてなんらかの観念をその心に印銘されているとするスコラ的議論をロックは否定する。そこで唱えられるのが、著名な「ぬぐわれた書板(タブラ・ラサ)」であり、近代認識論の文字通りの出発点となる。
02.感覚(sensation): 感覚とは、我々の感官によって得られる別個の (可感的)事物に対する外的な・・・覚知のことである。
03.内省(reflection): 内省とは、我々の心の様々な作用に関する内的な・・・覚知である。また、感覚、内省、いずれにおいてもそれらによって初めて知性は観念を持ちうるゆえに、これらの前では知性はただただ受動的・・・にならざるを得ない。

04.単純観念(simple idea): この感覚と内省によってのみ得ることができる観念が単純観念であり、それは、ロックの言葉を使えば、「心での一つの均質な現象態ないし想念」(p.84)である。特に内省によってのみ伝えられる単純観念には知覚(⇒07, 15)と意志(⇒16, 23, 24)という心の機能(力能)がある。また、両方によって得られるその他の観念として、ロックは快苦(⇒22)、存在と単一、力能(⇒15, 23)、継起を挙げる。
05.一次性質(primary quality): 物体のうちに存し、それからまったく分離されえず、ふだんに保有するような性質。本原的性質とも。このような性質が我々のうちに、固性、延長、形状、運動あるいは静止、および数のような単純観念を生む。
06.二次性質(secondary quality): 一次性質のように直接的、あるがままではないが、確かに物体に備わり、特定の方法によって我々の感官に間接的に作用する性質。可感的性質とも。例えば、熱さと寒さなど。物体の性質にはもう一つ、第三の物体に働きかけて、我々の感官に作用させうる媒介的性質があり、それは力能と呼ばれる。

07.知覚(perception): 知覚は、人間の知識への入り口となる心の機能であり、内省によって得ることができる観念である。思考(一般)とも呼ばれる。
08.把持(retention): 把持とは、感覚もしくは内省によって得られた単純観念を保存しておくという心の機能である。これには2とおりあって、一つが「心にもたらされた観念をしばらく現実に眺め続ける」(p.96)観想(contemplation)であり、もう一つが「心に印銘されたのち消えてしまった…観念を心にまた再生する」(同)記憶(memory)である。
09.識別(discerning)・比較(comparing)・構成(composition)・拡大(enlarging): 上記以外の心的作用とされるもの

10.複雑観念(complex ideas): 簡単に言えば、単純観念を材料として、心の能動的な機能によって生み出される単純観念以外の観念である。それには、様相実体関係の3つの種類が存在する。
11.様相(modes): 様相とは、複合された観念としての実体に依存する性状と考えられる観念であり、単純様相(⇒14)と混合様相(⇒18)がある。
12.実体(substances): 様相が存する実体とは、「自分自身で存立する別個な個々の事物を表象するするとされるような単純観念の集成であり」(p.99)、それを超えて想定された・・・・・、もしくは混乱した・・・・観念のこと。より具体的には、その集成を別個の単純観念のように認識する際に想定された基体。
13.関係(relations): 関係とは、観念相互の比較から得る複雑観念のこと。例えば、原因結果の関係がその第一の例としてあげられるが、これが複雑観念であるとされるところから、我々の日常における因果関係とは蓋然性を超えるものではない・・・・・・・・・・・・・との認識がロックにある。ここに、人間の可謬性に対する彼の理解が端的に現われているともいえよう。その他の関係としては、同一性・差異性、比率関係、自然関係、制定関係、道徳関係(⇒24)が挙げられている。

[様相について]
14.単純様相(simple mode): 単純様相としては、空間と時間に関する諸観念(距離、延長、果てしなさ、形状、場所、持続、永遠)や、数と無限、運動、音・色などが挙げられている。また、ここで、デカルト的な延長概念が批判されており、それを物体と同一視する考えを否定し、あくまでも延長とは「固性ある凝集部分の末端相互間に横たわって、これらの部分で得られる空間だけを意味する」(p.101)とされる。なお、単純観念である、思考(知覚)、快苦についても、単純様相が存在する。思考の単純様相には、憶起(remembrance)・想起(recollection)・観想(contemplation)があり、快苦の単純様相には、情緒と呼ばれる諸々のもの、つまり愛や憎しみ、欲望、喜び、悲しみ、希望、恐れ、絶望などがある。
15.力能(power): 本文ではこのタイミングで力能について一節が割かれている。力能には2つあり、ある事物に変化させられる・・・・・可能性と変化させる・・・可能性に対応して、それぞれ受動的力能、能動的力能と呼ばれる。前者は主として感官を通して(感覚)によって知られ、後者は内省によって得られる。また、能動的力能こそが力能という言葉の本来的意味であるとされる。そこで、このような力能のうち、我々の心に備わるものに、意志知性があり、またこのような力能が関係する働きとして我々に存する観念が、思考運動である。
16.意志(will): 意志とは、端的に言えば、心における選択と命令の力能であり、例えば身体のある動きを行ったり、抑止したりする場合にこれが働く。そこで行為の前にこのような意思が存在する場合を有意的(voluntary)と呼び、ない場合を無意的(involuntary)と呼ぶ。なお、自由意志に関する議論がこの後半でなされることになるが、それについては後述する(⇒23)。
17.知性(understanding): 知性とは、知覚(⇒07)する力能とされる。
18.混合様相(mixed modes): 混合様相は、異なる種類の単純観念が文字通り混合して、一つの複雑観念をなすように複合したものである。この場合、心は能動的力能を行使し、「多種多様な複雑観念を、これが自然にもそのとおりいっしょに存在するかどうかを検討せずに」(p.119)作り出す。

[実体について]
19.偶有性(accidents): 基体たる実体に備わった、我々の心に諸々の単純観念を生み出す諸性質のこと。

ここで、実体の内部構造は不知の本質とされ、実体とはあくまで単純観念のさまざまな集成であるとされる。ここから、ロックが普遍的実在を認めない唯名論者に限りなく・・・・近づくことが明らかになるであろう。たとえば、ロックにとっては精神および物体の実体は不可知とされ、そのように想定された実体に備わる一群の諸性質が我々に一つの実在として思わせているにすぎない。そのような諸性質とは、物体においては、「固性を有し、それゆえ分離できる部分の凝集と、衝撃によって運動を伝達する力能」(pp.120-121)であり、精神においては、「思考と意志、すなわち思惟によって身体を動かす力能およびその帰結の自由」(p.121)であるとされる。

20.観念の明晰性・判明性・実在性・真理性・十全性: それぞれについて、単純観念、様相、実体、関係に分けて考察される。この中の実体に対しては、いずれの項目においても唯名論の立場から否定的な評価がなされる。
21.観念連合(association of ideas): ロックにおいて観念連合は反理知的な「気の狂い」(p.133)として厳しい評価が下されている。「観念のこうしたつよい連結は自然に結ばれず、心がひとりで有意的もしくは偶然に作」(同)り出すものであるが、これこそがまさに「哲学や宗教の諸派の融和しない対立を確立する」(p.134)ものなのである。

また、この第2巻において政治思想上重要と思われる事柄について次に確認しておこう。

22.快苦の様相と意志の関係: ロックにおいては、我々のうちに快を産むものが善とされ、苦を産むものが悪とされる。ここに功利主義の原型を見出しうることは明らかであろう。そして、人は苦すなわち悪より、快すなわち善を求める存在である。しかし、人の「行動に関して意志を決定するもの・・・・・・・・・」(p.114)は善そのものではなく、「人間が現在置かれているある落ちつかなさ…なのである」(同)。この落ちつかなさは欲望と呼ばれる。これは、プラトン的エロースをより人間的な(功利的な)次元で捉えたものだと言える。
23.力能と自由意志: ロックの自由意志論をその記述に従って表にまとめてみると以下のようになるだろうか。
ロックの自由意志論
ここで、人間が・・・自由(liberty)であるとされるのは、@の場合、つまり人が意志した行動がそれに続いて起こりえた場合であり、自由でないのはその反対、すなわちAの場合である。これをロックは必然性(necessity)と呼ぶが、この表からも明らかなように必然性と意思は両立する。だが、ここで言われているのは人間の自由であり、意志の・・・自由ではない。そのため、ロックは意志が自由かどうかを問うた古代の自由意志論はそもそも誤った問いの立て方であったというのだ。彼は言う、
意志すること、いいかえれば有意とは一つの行動であり、自由は、行動したりしなかったりする力能に存するから、ある人の力能のうちにある行動が、即座に行われるものとしてその人の思惟にひとたび提案されれば、意志すること、いいかえれば有意の働きに関して、その人は自由であるはずがない。してみると、現に行われている行動が提案されるときは、すべて意志しないわけにはいかないから、意志する意志しないの自由は人間にない、この点は明白である(p.113)
自由とは自らの行動の存在・非存在を左右する力能の有無に関わるものであるから、その意味では意志(という一つの行動)はその存在・非存在を左右されることはない。より正確に言えば、人は意志に対して触れ得ない・・・・・というべきであろうか。すなわち、人がある行動を意志するとき、他人がその人の自由を奪おうと思えばその意志ではなく行動を妨げることしかできない。これは、意志する当の本人にとっても同じである。だからこそ、意志に自由はない、ということになる(いまいちこの理解に自信がない…)。ただ、もしそうだとすれば、ロックは意志が自由であるかどうかということと、意志がそもそも何に由来しているかということを別の次元で論じていることにならないだろうか。自由な意志がないと我々が言うとき、それは意志が自らに由来しないとき(自らの内の何に由来するのかはここでは置くとして)である。それについては、既述のように、ロックは欲望を意志の決定要因としてあげている。しかし、ロックの考えからすれば、自由の有無はその存在・非存在に置かれていて、意志が何に由来していようとも無関係である。ただ、これをホッブズのように意志を生理的現象に還元しようとする決定論的立場と解釈すれば、そもそも従来の自由意志論争における立場と変わらなくなってしまう気がするのだが…。

24.道徳関係と三種の法: 道徳関係とは、「行動について判定する規則との合致もしくは不一致」(p.126)の観念とされる。そこで、ロックはその規則にあたる3種の法を提示する。神法、市民法、世論ないし世評の法がそれである。ここで3番目の世論の法とは、それによって人が自他の徳性を判断するものであるが、スミス的な同感や公平な観察者の概念に通じるものなのであろう。注意しておくべきは、ロック自身はこれらの法に必ずしもスコラ的な序列を明確にしておらず、それぞれがそれぞれの方法によって人に対して道徳的尺度を与えていることである。更に、ロックには快苦という功利的な善悪の判断基準が設けられていることも忘れてはならないであろう。ホッブズにあってもそうだが、神法・自然法のような超越論的視点と人の快苦や自由という人間学的視点を整合的に理解しようとする試みはどうしても困難に陥らざるを得ない。

---------
ロック流の自由意志論解釈の理解にかなり手間取った。。。第2巻のあと、言葉についての論考(第3巻)と、真知・臆見についての論考(第4巻)が続いているが、これらについてはまた今度。。。といっても、はっきり言って全然やる気は起きない。。。
posted by ta at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文献レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。