2008年08月25日

Arendt, Human Condition@

Arendt, Hannah. Human Condition. 2nd ed. Chicago: U of Chicago P, 1998.@

第2版って、なんてことはない、カノヴァンの序文が付いただけ。まー無理せず訳書を読めばいいのに。。。と思いつつ、案の定、なんらかの形でまとめておかないと正確な論理の展開が頭に残らない…。全45節、各々数行で、その筋道だけ確認しておこう。

I. The Human Condition ----------

1. Vita Activa and the Human Condition
アーレントのvita activa(生活行為)とは、人間に与えられた3つの基本的な状況(conditions)に対応する基礎的行為の総称である。それぞれ、人間身体の生物学的過程に対応するのが「労働(labor)」、人間存在の非自然性に対応するのが「仕事(work)」、人間の複数性に対応するのが「活動(action)」、となる。注意しておくべきは、アーレントが状況と行為のそれぞれに本質主義(形相)的な意味合いをもたせていないことである(現象学的な身体観がここにある)。したがって、日本語の表現において、これら状況や行為が人間の本質・条件(不可分の構成要素)である、と言ってしまうことは多少の語弊を免れ得ない。

2. The Term Vita Activa
vita activaの伝統的位置付けについて。vita activavita contemplativa(観照的生)に対して伝統的に、従属的地位に置かれてきたが、その階層秩序の下では、翻って前者の内的秩序が曖昧にされてしまう。アーレントの狙いは本書で改めてvita activaを主題化・分節化することである。

3. Eternity versus Immortality
前節より引き続いて、vita activa(bios politikos)とvita contemplativaについての区別が論じられ、それぞれを支える原理であった、不死性(オリュンポスの神々)と永遠性(プラトン的イデア、キリスト教的唯一神)、および複数性と単数性の対比が強調される。早くも、アーレントの後者に対する姿勢は批判的な色合いを帯びてくる。

----------
とりあえず、今回はこんだけーw 最近、『アウグスティヌスの愛の概念』も読み始めた。なかなか歯ごたえあり。もちろん訳書。
posted by ta at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 文献レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。