2009年03月20日

訃報・永井陽之助

http://www.asahi.com/obituaries/update/0317/TKY200903170365.html

【国際政治学者の永井陽之助さん死去 現実主義の論客】

国際政治学者で東京工大名誉教授の永井陽之助(ながい・ようのすけ)さんが昨年12月30日に死去していた。心臓などの病気で2年ほど前から療養していた。84歳だった。葬儀は近親者で行った。

北海道大、東京工大、青山学院大で教授、日本国際政治学会理事長などを歴任。国際政治のほか大衆社会論、政治意識論などを専門とし、反核や軍事同盟反対の平和論を理想主義として批判する現実主義の論客として活躍。吉野作造賞受賞の論文「日本外交における拘束と選択」を含む「平和の代償」のほか「柔構造社会と暴力」「冷戦の起源」「現代と戦略」など多くの著作を残した。

(2009年3月18日6時4分)
posted by ta at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。