2009年06月23日

Two Unpublished Lectures by Leo Strauss

07年にReview of Politicsにて公刊された、第二次大戦中の二つの講演(講義)。導入としてタルコフによる短文がつけられている。

Strauss, Leo. "What Can We Learn from Political Theory?" Review of Politics. 69.4 (2007): 515-529.

42年7月(夏学期)にニュースクールのゼミで行われた講義。したがって、「政治哲学とは何か」よりも10年以上遡る。

講義はおなじみの政治理論(political theory)と政治哲学(political philosophy)の区別から始まる。ここは、「政治哲学とは何か」の序盤部と基本的に相違無い。シュトラウスは実践的な指針のために政治哲学から何かを学べるとは考えていない。こういった文脈で、チャーチルのK.M.T.(Keep Muddling Through)・ポリシーに言及したりされているが、興味深いのは、めずらしく戦後の外交政策(ごくごく一般的な見解だが)について触れていることである。その部分を抜書きしてみると、
...that this war has to be won, that the only guarantee for somewhat longer peace-period after the war is won, is a sincere Anglo-Saxon-Russian entente, that the Anglo-Saxon nations and the other nations interested in, or dependent on, Anglo-Saxon preponderance must not disarm nor relax in their armed vigilance, that you cannot throw power out of the window without facing the danger of the first gangster coming along taking it up, that the existence of civil liberties all over the world depends on Anglo-Saxon preponderance---to know these broad essentials of the situation, one does not need a single lesson in political philosophy. In fact, people adhering to fundamentally different political philosophies have reached these same conclusions. (p.518)
これをどのように受け取るかは人によって多少の違いがあるだろうが、せいぜいが政治的リアリズム(典型的にはケナンのそれ)といったところであろう。それよりもまず、哲学と政治の分離が明確に前提とされていることに注意しなければならない。シュトラウスは政治哲学は実践的行為に常に遅れる、とも述べている。(ちなみに、この引用のすぐ上で、もともとRommelと並んでTojo[東条]と書かれてあったのが、Japanese Generalsに訂正された箇所がある。戦時下の日本の権力構造にも最低限の知識があったのか、それとも単に現場の指揮官の名前を一人も知らなかったのか。多分、後者だろう。) 政治哲学が実践の導きとならないのであれば、いかなる役割を果たすのか。シュトラウスは以下のように述べる。
If for no other purpose, at least in order to defend a reasonable policy against overgenerous or utopian thought, we would need a genuine political philosophy reminding us of the limits set to all human hopes and wishes. In other words, even if it were true that man does not need political philosophy absolutely speaking, he does need political philosophy as soon as reasonable political action is endangered by a erroneous political thinking. (p.520)
あらゆる政治的知識は実践において生み出され、政治哲学は常に弁証的に働く。しかし、それでも尚、哲学が生み出した唯一の政治的概念がある。それが、自然法ないし自然的正である。ここからは再びおなじみの話が続く。すなわち、古典的な最善政体(哲人王による一人支配)とは良識ある人々(decent people)にとって現実とは隔絶された、あくまで願望や祈念の対象であり、拙速にこれを実現しようとしたり、一種の予言と考えるのは全くの誤りである、というもの。それは現実政体を判定する基準にとどまり、そして、このことは具体的にわれわれの正義と法の関係の考察へと導く。
...there is common, ordinary civil justice which consists in obedience to the law of the land and just administration of that law; that justice is not concerned with the justice of the law itself; it is for this reason a very imperfect justice, for every law, every legal order is bound to be only imperfectly just; therefore, justice must be supplemented by equity which is the correction of legal justice in the direction of perfect justice; the equitable order, or, as we might prefer to say, the order of charity is the utopian order; ...common justice must be "completed," corrected by considerations of equity or charity---it can never be supplanted by them, although all decent men would wish, or pray, that it could. (p.522)
法の支配を土台とし、プラスアルファとしてエクイティが用いられるというイギリスの立憲体制そのままだが、これは古代の実現可能な(最善政体とは異なる)理想体制、つまりは混合政体とも通じている。エクイティが補助的役割にとどまるのは、地上においては法に拠らない支配は常に僭主政治に堕してしまうからである。

マキアヴェッリ以降にこのような古代のユートピアニズムが根本的な変化に曝されたとシュトラウスが考えているのは周知の通りである。近代特有のユートピアニズムは古代のそれと露骨なマキアヴェッリズムの妥協において成立している。その特徴のひとつが、エコノミズム(名誉から利益へ、教育から制度へ)であり、もうひとつが人知の限界を無視した理想と現実の超越論的一致である。したがって、シュトラウスの考える現代の政治哲学の役割とは以下のようになる。
...there was a tradition of political philosophy whose adherents were in agreement as regards the fundamentals, the tradition founded by Socrates, Plato, and Aristotle, which was transformed, but not broken under the influence of the biblical virtues of mercy and humility, and which still supplies us with the most needed guidance as regards the fundamentals... / This tradition is menaced today by a spurious utopianism... The foremost duty of political philosophy today seems to be to counteract this modern utopianism. / But to describe the service which political philosophy can render, not merely today, but at all times, one would have to say that political philosophy teaches us how terribly difficult it is to secure those minimums of decency, humanity, justice, which have been taken for granted, and are still being taken for granted in the few free countries. By enlightening us about the value of those apparently negligible achievements, it teaches us not to expect too much from the future. In the last analysis, political philosophy is nothing other than looking philosophically at things political---philosophically, i.e., sub specie aeternitatis. (p.527)
言うまでもなく、ここでは哲学者の政治的節度にのみ関心が向けられており、いわゆる哲学的政治には一切言及されていない。その他注意すべきは、ここで言及されるファンダメンタルズの地位であろう。これらは後年、イデアの名の下に根本問題(「神学‐政治問題」等)やその主たる選択肢として多少なりとも定式化されるが、それでも一定の曖昧さを免れていないことは先のスミスの議論からも明らかである。そのため、シュルツのようにシュトラウスの懐疑はquestion-raisingよりもquestion-beggingであると非難されても仕方がないといえよう。ただ、以下の言明からは、今日的な環境問題についてシュトラウスが取ったであろう姿勢を少なからず窺うこともできる。
...the question is whether the price which had to be paid for these conquests was not, in some cases, too high, in other words, whether it is not still true that man can indeed expel nature with a hayfork, but that nature will always come back with a vengeance. By erecting the proud edifice of modern civilization, and by living within that comfortable building for some generations, many people seem to have forgotten the natural foundations, not dependent on human will and not changeable, which are buried deep in the ground and which set a limit to the possible height of the building. (p.528)
これまで、幾度となく指摘してきたことだが、シュトラウスが自然に固執するのはそれが人知に対して絶対的な限界を提示するからである。哲学者は自然法ないし自然的正(後々、これらの表現は厳密に区別されるようになる)の存在を発見したが、もし彼らがその内容を完璧に知悉していると言おうものなら、シュトラウスはそれを不正と断ずるであろう。政治哲学者はそういった限界のソクラテス的認識と共に誕生するのである。

ちなみに、以下の結語からはニーチェの影響も見え隠れする。(この場合は、生が有限であるがゆえの「運命愛」だが)
It is hard to face these facts without becoming cynical, but it is not impossible. The philosophers advise us to love fate, stern fate. The Bible promises us God's mercy. But the comfort which comes from God is as little pleasant to the flesh as is the love of fate. For the flesh, which is weak, wants tangible comfort. That tangible comfort---a man-made eternal peace and happiness---non datur. We have to choose between philosophy and the Bible. (pp.528-529)
哲学が永遠の相の下に生の有限性をペシミスティックに突きつけるのに対して、聖書は慰めを与える。ニーチェならば迷わず前者を選ぶであろうが、シュトラウスはあくまでそれらを選択肢として提示する。

Strauss, Leo. "Re-education of Axis Countries concerning the Jews." Review of Politics. 69.4 (2007): 530-538.

同じくニュースクールの、43年11月7日に催されたユダヤ人問題に関するカンファレンスの定期会合での一般講演。上の講義と同じく、シュトラウスにしてはプラクティカルな議論を行っている。テーマはタイトルの通り。まとめれば以下のようになる。

戦後ドイツがナチの教義に代えて、リベラル・デモクラシーを採択すべきことについては、シュトラウスには一切の曖昧さがない。(p.532) ただ、ワイマールの挫折が常にその後の行く末について大きな疑念を投げかける。しかし、同時にドイツ人を再教育するのはドイツ人でしかないともシュトラウスは論じる。(p.533) その延長線上で、反ユダヤ主義に関する議論がなされるわけだが、ここでもシュトラウスは楽観的な期待を遮る。物質的補償についての一通りの議論がなされた後、話は再び担い手の問題へと立ち戻る。
Only Germans can educate the Germans concerning the Jews / But which Germans? I do not believe that the liberal Germans could do it. Liberalism never carried a decisive weight in Germany. And now, after the extinction of the middle class, the traditional bearer of liberalism, the chances of liberalism are probably still smaller than they ever were. (p.536)
ここにもドイツのリベラルな伝統に対する疑念がありありと見てとれる。ならば、誰が担い手たるべきなのか。シュトラウスが最終的に可能性を見出すのは、伝統的にナチスもしくは反ユダヤ主義と距離を置いてきたカトリックと一部のプロテスタント聖職者および知識人である。
It is perfectly possible that the so-called neo-paganism of the Nazis has brought about a rapprochement between Christians as Christians and Jews as Jews even in Germany... If the war and the defeat of the Nazis lead to a reawakening of Christian faith and manners in Germany, it is not impossible, I believe, that the leaders of German Catholicism and Protestantism will make some efforts towards the re-education of the Germans concerning the Jews. (pp.537-538)
戦後ドイツの民衆レベルにおける精神的復興については正直疎いので、詳しいコメントはできないが、常識的な範囲で言えば、シュトラウスの心配は杞憂に終わったと見てよいのだろう。(無論、反ユダヤ主義が根絶されたわけではないが)
But I would be unfair to those Germans who did not waver in their decent attitude, if I did not report to you a remark which a German made to me the other day. He advised me to tell you his conviction that the mass of the Germans are simply ashamed of what has bee done to Jews in Germany and in the name of Germany; and that, after the war, Germany will be the most pro-Jewish country in the would. (p.538)
posted by ta at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | シュトラウス文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。