2009年07月10日

Drury, "Leo Strauss and the American Imperial Project." / Smith, "Drury's Strauss and Mine."

Drury, Shadia B. "Leo Strauss and the American Imperial Project." Political Theory. 35.1 (2007): 62-67.
Smith, Steven B. "Drury's Strauss and Mine." 68-72
.

Reading Leo Straussをめぐって交わされた論争。そもそも論争と呼べるのかどうかもわからない。ただ、アカデミックなシュトラウス解釈のほぼ両極を知るには良い…かも?

ドゥラリーの書評の要点は、
1: プラトニズムはリベラリズムと根本的に相容れない
2: シュトラウスの真の代弁者はソクラテスではなくトラシュマコス(強者の正義)
3: シュトラウスにおいてはまず集団ありき(=シュミットのリベラリズム批判への共感)
4: 可変的な自然的正の思想は有事の際の限度を取り払う
5: 9.11以降のアメリカに必要なのは自信の回復ではなく、反省と懐疑
6: シュトラウス的真理の検証不可能性(=哲学的議論の不在)

特に3について、シュトラウスの文章から一節引いておきたい。
On page 16 of the November 17 issue of the Review, Israel is called a racist state. The author does not sat what he understands by a “racist state,” nor does he offer any proof for the assertion that Israel is a racist state. Would he by any chance have in mind the fact the in the state of Israel there is no civil marriage, but only Jewish, Christian, and Muslim marriages, and therefore that mixed marriages in the nonracist sense of the term are impossible in Israel? I am not so certain that civil marriage is under all circumstance an unmitigated blessing, as to disapprove of this particular feature of the state of Israel. ("Letter to the Editor." Green, Jewish Philosophy and the Crisis of Modernity, p.414)
正直、この文言をどう捉えるかについては、ドゥラリーが考えるよりも微妙であるように思える。細かいことは追々…。

以上の批判に対してスミスは、
1, 2: [ここでは特に触れられていないが、著作で既に論じつくされている感がある]
3: シュトラウスはOn Tyrannyで個の自由の優先性を強調しているし、国家と市民社会のリベラルな区別も折に触れて認めている
4: [ここでは特に反応を示していない]
5, 6: シュトラウスのリベラリズムは(いかなる解決策も部分的であるという意味で)懐疑主義的である [その徹底性という点では、やはりニーチェやハイデガー、ヴィトゲンシュタインには遠く及ばないが]

少なくとも、スミスはネオコンがシュトラウスから霊感を得ていることを認めている。(Neoconservatism is one path out of Strauss, but it is surely not the only one.---p.68) ただ、それもマルクスとそのエピゴーネンらの関係に比して言われるわけだが。あと、しつこいようだがエソテリシズム(と「高貴な嘘」)に関して。
His thesis about esotericism is presented as a contribution to the “sociology of knowledge,” that is, not strictly an aspect of philosophy but an investigation into the conditions under which philosophy has been produced in the past. It is, in other words, a preliminary for the understanding of texts produced under conditions of persecution. Not for the first time, Drury mistakes an essentially historical thesis for a policy prescription. (p.71)
posted by ta at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | シュトラウス文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123194349
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。