2009年08月04日

Bagley, “Practice of Esotericism.”ほか

Bagley, Paul J. “Practice of Esotericism.” Journal of the History of Ideas. 53.2 (1992): 231-247.

バグレーの論文は、先のフレイザー論文で用いられた、条件的・無条件的エソテリシズムの区別のネタ元。これを同一の書物に顕教と秘教が共存する叙述の形式(文字通り「忘れられた叙述の形式」)として、マキアヴェッリやガリレオのそれと区別する。

-----
バグレーは現在ロヨラ大学(Loyola College)准教授。専門は古代(プラトン)・初期近代哲学(スピノザ)、政治哲学。
http://www.loyola.edu/academics/alldepartments/philosophy/Faculty/Bagley.html

Altman, William H. F. “Leo Strauss on “German Nihilism”: Learning the Art of Writing.” Journal of the History of Ideas. 68.4 (2007): 587-612.

アルトマンは、シュトラウスの“German Nihilism”をPAWと関連付け、前者に緻密な解釈を施すことによって、そのエソテリックな教義を浮き彫りにする。

まず、論文全体を見渡しシュトラウスの立場を以下のようにまとめる。
To begin with, he refuses simply to embrace “the modern ideal” in the service of which the English have invented their efficacious “prudence and moderation.” Nor is it characteristic of the later Strauss to defend moderation on utilitarian grounds when it comes to “the radicalism of thought.”... Finally, and most importantly, the very qualities he appears to praise at the end of the lecture have been described in far less flattering terms at its beginning while presenting the position of “the young Nihilists” on “the open society.” (p.601)
アルトマンによれば、シュトラウスは若きニヒリスト(正確には、新ヘーゲル主義的ニヒリスト)のペルソナ(仮面)を被って(“Strauss the Siren”)、エソテリックな教義を講演のちょうど中央の節(II-6)に忍び込ませたという。その解明の過程は微に入り細をうがっている。
Those who imagine that any historicist notion of philosophy is adequate to deafen the ears of a modern Odysseus to historicist arguments from a persuasive nihilist are wrong: it is their own reliance on history that has rendered Strauss the Siren irresistible. This, he now reassuringly suggests, has been his point all along. / Moreover, it is only by embracing a timeless, absolute, and unchanging standard that the nihilist can be refuted... In order to conceal the fact that he has just revealed his secret teaching, Strauss now offers---is indeed compelled to offer---an unusually strong statement of his exoteric teaching. (p.608)
アルトマンは、知の対象たる不変的基準(つまりは自然的正、ただしここにはリベラルな普遍的思想も含まれると考えてよい)の存在をシュトラウスによるエクソテリックな教義(後半下線部、米・ニュースクールでの講演ゆえにこのような外皮をまとう必要があった)に位置付け、その背後に隠されたエソテリックな教義を、ドイツのニヒリズムの不可避性、すなわち不変的基準の非存在性であるとした。
[B]y Strauss’s definition, we are searching for a standard that is known (and not just “believed”) that must also be well-known. A standard of which philosophers alone are aware does not constitute an adequate bulwark but an unchanging standard that is known and not believed would necessarily be the preserve of few. But further qualification... that this be “a known... standard,” Strauss uses the ignorant multitude against the philosophers. Indeed the many will be persuaded by Strauss’s palinode but not the few. (p.609)
この部分の分析は、一見細かすぎるようにも思えるが、非常に鋭い。アルトマンの謂わんとするところはこうである。すなわち、シュトラウスによればドイツのニヒリズムに抵抗するために、当の不変的基準が単に少数の哲学者(the few)が有する(というよりも確信する)知識(known)であるのみならず、民衆一般(the many)にも広く知れ渡って(well-known)いなければならない。しかし、シュトラウスの後の著作からも明らかなように、自然的正は哲学者とっても探求の対象でしかなく、確たるものとして所有されえない知識である。(アルトマンはこの部分で唐突に「三位一体」を説明に持ち出す) したがって、 “German Nihilism”で用いられるパリノード(改詠詩)は、後者に対して一種の高貴な嘘として機能する。さらに、II-6の末尾で論じられた理性の唯一性と不変性についても、アルトマンはそこに含まれる技巧(理性は知の客体ではなく主体であること)と矛盾(不変的基準については知識でなくとも信念で事足りる)の双方を指摘する。

ただ、首肯しがたい点もある。それは理論と実践の区別、哲学と都市の対立という欠かすことのできない視点が決定的に欠落していることである。たとえば、チャーチルならば若きニヒリストの指導者たりえたというシュトラウスの言葉から、安易にニーチェと同一視することや(p.598)、英国(政治)に備わった「深慮と中庸」を躊躇なく功利主義に結びつけること(p.601)などは、その典型である。道徳の源泉について、哲学(=自然的正)と都市(=宗教・神話)の区別はシュトラウスの思想の核心を形成する。このことを踏まえるならば、論文末尾の可変的自然的正(アリストテレス)からチャーチルのリアリスティックな実践知を経てニーチェの「力への意思」(積極的ニヒリズム)へと議論を強引に推し進めること(p.610-11)はできないであろう。

-----
末尾の署名には伯・サンタカタリーナ連邦大学所属と付されているが、公式ウェブサイトでは筆者の情報を確認できなかった。

Velkley, Richard. “On the Roots of Rationalism: Strauss’s Natural Right and History as Response to Heidegger.” Review of Politics. 70 (2008): 245-259.

歴史主義批判の書である『自然権と歴史』には不思議にもハイデガーの名前が一度も登場しな。しかし、もちろんのこと本書はハイデガー抜きに理解することはできない。ヴェルクレーの議論は、『自然権と歴史』におけるハイデガーの影響を浮き彫りにするものである。

その主張を著者の言葉で簡潔にまとめれば以下のようになる。
There is little basis, if any, in Strauss’s writings for the view that he sought to recover a teleological natural philosophy, or that he thought such recovery a necessary condition for philosophy in its classical form. He thought that the philosopher must come to terms with the unavailability of such cosmology... In sum, I venture to say that Heidegger provoked Strauss... to approach Greek philosophy with the suspension of the traditional expectation of finding therein a teleological physics and cosmology. The belief that classical philosophy is inseparable from an “antiquated cosmology” had been a principle barrier against taking it seriously---a belief that Strauss came to see as a misreading of the Socratics (WIPP, 38). (p.254)
しかし、シュトラウスがイデアを不変的・永続的問いとして定義付けたことは周知のとおりである。その問いの有無こそがシュトラウスを決定的にハイデガーから区別する。
I suggest that in Strauss’s view Heidegger does not distinguish the awareness of the fundamental problem from the historical efforts at solutions to it... Heidegger’s remarkable “path of thinking” conflates philosophical reflection on the problematic character of existence with nonphilosophic human concerns for being at home in the world---the world defined by particular language, customs, poetry, and the gods. In Strauss’s view this necessarily conflates the suprahistorical with the historical, or the philosopher’s being at home in the whole with various ways of being at home in human affairs, in which the philosopher can never be entirely at home. (p.256)
ハイデガーにおいて忘却されるのは、人間存在の二元性である。身体と思惟、実践と理論、政治と哲学。これらの区別が最も明確に明らかになるのが、これまで幾度となく論じられた生活世界すなわち前理論的・哲学的世界における自己知を通してなのである。

ちなみに、シュトラウスにおける典型的歴史の誤謬をヴェルクレーも指摘している。それに拠れば、彼の近代批判の歴史主義的構成(理念形的といっても良いかもしれない)は、プラトンの理想国家よろしく、かえってその限界を浮き彫りにしているという。
One could think of this entire historical mode of presenting this critique of historicism as having ironic features. Strauss’s one book directly engaging German thought is his most “German” in form. The account of historical inevitability in the progression of modern thinkers is surely overstated so as to give less attention to the dissenting from modern progress by Rousseau and Nietzsche. Strauss’s borrowing from Plato’s Republic the “three waves” figure to describe the history of modern political philosophy (IPP, 81-98) also points to an intent both playful and serious: like Socrates’ interlocutors, the reader must participate in the construction of the “ideal city” (in this case, Strauss’s ideal construction of the modern development) in order to uncover the limitations of this account. And that construction itself exploits, in an inverted way, the modern belief in inevitable progress. (p.251)
-----
ヴェルクレーはチューレーン大学教授(Celia Scott Weatherhead Professor of Philosophy)。ペンシルヴァニア州立大でPh.D.(1978)。専門はカント以後の哲学、政治哲学ほか。
http://www.tulane.edu/~phil/faculty/velkley.html
posted by ta at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | シュトラウス文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124999667
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。