2009年12月13日

シュトラウスのリーツラー: 政治的徳のひとつのあり方

Riezler, Kurt. “Philosopher of History and the Modern Statesman.” Social Research. 13 (1946): 368-380.

リーツラーは20世紀前半のドイツの哲学者・外交官。(Wiki) いかにも危機の時代を生き抜いたリアリストならではの経歴と実績。この文章で語られている望ましい歴史家とはヒストリシスト、もしくは歴史書を予言書と取り違えている人々ではなく、トキュディデス・司馬遷タイプのそれであり、望ましい政治家とは、ポリティシャン(マシーンボス、オポチュニストな政治屋)ではなく政治的リアリズム(現実政治を除いてはもはや死語)に則り、確固たるビジョン・信念・徳を伴ったステーツマン(ジェントルマン)を指す。それでは要求される徳とはいったいどのようなものか。リーツラーは現実政治を支配する力学についてのマキアヴェッリとゲーテの言説を取り上げ、政治家の徳を(平凡だが)以下のように定義付ける。
Thus the ideal statesman strains himself to compel the play of necessity and chance to carry love and hope into reality of a future. (p.379)
文体は力強いリズムに裏打ちされ、哲学者の講演というよりは、老雄弁家の言といった趣。

Strauss, Leo. “Kurt Riezler.” What Is Political Philosophy?: And Other Essays. Glencoe: Free, 1959. 233-260.

元々は1956年にニュースクールで行われた追悼講演。政治哲学研究会の会誌『政治哲学』上に西永亮氏による邦訳と役者解題が掲載されており、氏の所属する小樽商科大学の学術リポジトリにも単品で収録されている。(解題、訳文を一部拝借した) 以下、アウトラインと抜書き・コメント。

1) 若きリーツラーの政治観: ナショナリズムとコスモポリタニズム (233-241)
2) 初期(社会)哲学 – 形而上学的二元論(批判的形而上学) - 『形態と法則』(241-245)
3) 後期(ハイデガーとの邂逅以降の)社会哲学 – 「歴史」の基盤たる生起としての存在性 - 『パルメニデス』(247-251), 『美的なものについての論攷』(252-256), 『自然学と現実』『人間―可変的そして不変的な』(256-259)
4) 結語 – 「傷つきやすいもの」と「隠されたもの」に対する尊重としての羞恥と畏怖 (260)
The individual is part of his nation, but he is not merely part of his nation... The nation is then not the only way to eternity. Only individuals, and not nations, can engage in the quest for truth, and this quest unites individuals belonging to different nations. The genius, while being the son of a nation, belong to mankind... “[T]he voluntary and cheerful outcast who refuse to conform but bears no grudge... is the salt and pepper of any society, and its most important member, though he does not regard himself as a member. (p.240)
迷える若きナショナリストであったリーツラーがどのようにコスモポリタニズムを捉えていたか、についてのシュトラウスの評。ここで描かれるネイションの中の個人は、さながらポリス(政治的共同体)の中の哲学者のようである。しかし、至極近代的な概念であるネイションとポリスはイコールではない。この引用の前後から見えてくるシュトラウスのナショナリズム観の要諦は、ネイション(=言語共同体)を自然な政治的共同体とは見做さない点にある。(この点は、シュトラウスによる政治的シオニズムの評価にも関わるであろう)
Political analyses were the foreground, the by no means negligible foreground, of Riezler's philosophical studies. His analysis of the world political situation in 1913 was based on the assumption that political life cannot be understand with the means of science, of natural science. (p.241)
シュトラウスにとってリーツラーが哲学者であったか否かは微妙なところである。彼は本講演でリーツラーを「(哲学の)プロフェッサー」ではなく「ジェントルマン」と呼称し(p.234)、彼の形而上学を「政治哲学とは区別された社会哲学」(p.257)とする。シュトラウスにとっての政治哲学は、政治的事柄についての全体(the whole)の知、正しき(善き)秩序を探求する上昇運動を意味するが、それと同時に都市にあって哲学者の自己知として機能する。(哲学的政治) 特に後者の基準に照らした場合、リーツラーへの評価は批判に転じる。
Riezler is aware of the fact that one must not look at social phenomena in the light of questions or doctrines to which “no society pays any attention.” But he does not draw from this the conclusion that social phenomena must be understood primarily in the way in which they come to sight in the perspective of the citizen or statesman. He does not begin at the true beginning of analysis, with the surface. (p.257)
この評価がいかに不自然なものであるか、リーツラーの十年余に亘る第一線での実務経験を考えてみれば明らかだろう。シュトラウスはこの原因として「近代自然(科)学(modern physics)」と「歴史意識」の残滓を挙げる。後者をもたらしたのは明らかにハイデガーとの邂逅であったが、前者については皮肉にも政治的リアリストとしての(ジェントルマンとしての)リーツラーの現実政治観であるように思える。ダヴォス会議で新しきハイデガーに組して、旧きカッシーラーに対峙したリーツラーは、シュトラウスによれば、純粋なハイデガー主義者というわけでもなかった。(p.248, 255) すなわち、ハイデガーとは違った形でのパルメニデス解釈(現前性=真に存在すること)を行ったが、そこでリーツラーは二つの困難を抱え込んでしまう。ひとつは、「存在性を超-歴史的なものとして理解することと存在性を歴史的なものとして理解することのあいだ」の緊張であり、もうひとつは、内態性と外態性の対立、すなわち存在論者の存在分析はそれ自体も相対化されうるのか、という問題である。(p.252) リーツラーはこれらの困難の解消を、前期の用語で言えば「形態gestalt(=法則と意思の中間)」、後期の用語で言えば「歴史(History)」の基盤たる「生起としての存在性(beingness as occurrence)」に求める。
The task of philosophy is unfinishable. The fate of philosophy is tragic---as tragic as the fate of every other manifestation of life. Thus while philosophy is unable to grasp the whole by its concepts, it copies or represents the whole by its fate: for the whole is that unity which is the fate of every part of the whole. The eternal antimony at the bottom of everything cannot be looked at in detachment; it discloses its meaning only if it is experienced, i.e., if it is experienced in the anguish of the radically isolated individual, and if that experience culminates in an ultimate “And in spite of it”; philosophy means honorably to come to grief, obstinately to refuse the delusion of redemption, to say yes to, or to love, this world as the only world. In this way and only in this way does it appear that not everything permitted. (p.245、強調は引用者)

If I understand Riezler's thought correctly, he meant that philosophy cannot do more than to understand human life as historical, as dynamic context, as moving in a space which itself is moving, and therewith to understand the formal character of all possible Yes's and No's, without being able to deduce from this understanding any substantive Yes or No. Philosophy is limited to the task of bringing to light the eternal structure of life or History, “the eternal humanum,” the immutable form of man's mutability. (p.255)

[T]he core of society is not institutions, interests, or even ideas, but passions and the striving for happiness, la condition humaine as occurrence, the heart of its logic, the life of the soul. In the language of the schools one would have to say that Riezler's doctrine of man and of thing human is social philosophy as distinguished from the political philosophy. His theme is “Society” as “the universe of response, the spontaneous culture” as distinguished from the State which is brought into being by Society for the service of Society... From here we can understand why Riezler's social philosophy... does not contain an ethics proper: his central subject is not virtue ans justice, but the passions (or the attitudes or the moods). (p.257, 強調は引用者)
ここまでくれば、リーツラーはスピノザ―ニーチェ―ハイデガーという反哲学の大きな流れに限りなく接近する。しかし、このことによってかろうじて解消されたのはあくまで二つの困難のうちの前者のみであり、後者については、シュトラウスによれば、修正されたコギト主義として残存する。結局、リーツラーは哲学者として全き内態の側にも、全き外態の側にも行き着かなかった。そもそも実務として外交に携わる者は、内態の側に留まるという贅沢を許されない。単子論的な(ビリヤード型の)国際政治観は、盤上の駒を動かすがごとくに神の視点を必要とする。そのことが修正されたコギト主義となって自身に跳ね返ってきたとしても何ら不思議ではないだろう。
Human dignity, Riezler suggests among other things, stands and falls by shame and awe... It was ultimately because he grasped the meaning of shame and awe that Riezler was a liberal, a lover of privacy. By invading men's privacy one does not come to know them better---one merely ceases to see them. For man's being is revealed by the broad character of his life, his deeds, his works, by what he esteems and reveres not in word but in deed---by the stars for which his soul longs if it longs for any stars. Not anguish but awe is “the fundamental mood” which discloses being as being... / In pondering over Riezler's highest aspiration, I had to think more than once of Thucydides---of Thucydides' quiet and manly greatness...which regards the higher of the opposites not, as Socrates did, as stronger but as more vulnerable, more delicate then the lower. (p.260)
しかし、彼にはジェントルマンとして、すなわち「傷つきやすいものと隠されたものに対する尊重としての羞恥と畏怖」を備えた「リベラル、すなわちプライヴァシーを愛する者」としての賛辞が捧げられた。そして、西永氏の解題においても少し触れられているが、この箇所でシュトラウスの思想の要となる二項対立の図式が浮かび上がってくる。それら項目とは、ジェントルマンと哲学者、行為と言葉、公と私(プライヴァシー)、羞恥(畏怖)と不安(存在論的な意味での)、傷つきやすきものと強きもの、トキュディデスとソクラテス、そしてこれらすべてを包括する形での政治と哲学、すなわち都市(ポリス)と人間である。しかし、この図式にはひとつだけ不釣合いが存在している。シュトラウスにとって羞恥はひとつの政治的徳であるが、不安はそうではない。これについては次回のエントリにて言及することにしたい。ただ、最後にひとつ確認しておくべきは、本論文では古典の注釈というフィルターが取り外され、生身のひとりの個人の内に、シュトラウスの政治的徳が具現化されたということである。追悼論文(講演)という特殊な形式ながらも、『政治哲学とは何か?』というひとつの巻の最後に配置されたという事実は、(シュトラウスとっては特に)重要な意味合いを持つだろう。
posted by ta at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | シュトラウス文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135534072
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。