2010年03月14日

トヨタ・リコール問題

「恐怖の急加速」 米当局がレクサス買い取り調査 - MSN産経ニュース
2010.2.27 11:06

 米道路交通安全局(NHTSA)は26日、米下院公聴会で「恐怖の急加速」体験を証言したスミス夫妻がかつて所有していたトヨタ自動車の「レクサスES350」を現在の所有者から買い取り、調査すると発表した。

 スミスさんは2006年にこのレクサスを運転中、車が勝手に加速して時速160キロまで達したと涙ながらに証言。現所有者は走行距離3千マイルで購入し、現在は約3万マイルに達しているが、米メディアによると、大きなトラブルを起こしたことはないという。

 ラフード米運輸長官は「安全が最優先課題だ。NHTSAは突然の急加速の根本的な原因を突き止めるため、徹底的に調べる」と述べた。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100227/biz1002271106006-n1.htm

----------
米教授 トヨタ・リコール問題で寄稿 「急加速原因は踏み間違い」
3月13日8時15分配信 フジサンケイ ビジネスアイ

 トヨタ自動車の大規模リコール(回収・無償修理)問題をめぐり、11日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、事故や苦情が相次いで報告されている急加速の主な原因はブレーキとアクセルの踏み間違いとする心理学者の寄稿を掲載した。

 カリフォルニア大学ロサンゼルス校名誉教授のリチャード・シュミット氏。1980年代、独「アウディ5000」の急加速が多発して大規模リコールとなった際に、調査に携わった。

 「当時も今と同様、急加速の事故は自動車事故の中では比較的まれだったが、メーカーや運転者、メディアを騒がせるには十分頻繁で危険だった」という。

 トヨタ車の急加速にからむ事故で2000年以降52人の死者が報告されているが、同氏は「問題は、突然の加速がブレーキを踏むつもりでアクセルを踏む運転者によって頻繁に起きることにある」と指摘した。原因には、電子系統の欠陥が疑われているが、同氏は、人間行動学や心理学の研究者の疑問として「人的要素」の存在を挙げる。

 運転者がアクセルをブレーキと踏み間違えた結果、加速に驚いてさらにアクセルを踏み込み、車はますます急加速して事故に至る−という仮説を紹介。「ノイズの多い神経筋プロセスの介入で、人が意図するのと少し違う行動を起こす」場合もあるという。

 米道路交通安全局(NHTSA)は89年、「アウディ5000」の急加速の主な原因は「ペダルの踏み間違い」と結論づけ、アウディは解決策として自動シフト・ロックを設計、他のメーカーに広がった。今回は、予防策としてブレーキがアクセルより優先される装置の搭載義務化が政府で検討されている。

 しかし、同氏は「運転手がブレーキに触れずにアクセルを踏む限り、役に立たない」と警告。同装置が普及しても急加速と事故が起き続ければ、そのときは運転者が非難されることになるとしている。(ワシントン 渡辺浩生)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100312-00000012-fsi-bus_all
posted by ta at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | たわごと一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143605912
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。