2008年03月28日

藤田『ニーチェ』/池内『悪魔の話』

藤田健治(1970)『ニーチェ その思想と実存の解明』中公新書

入門書。その人生と思想展開を、所々著者の昔話を交えながら追っていく。主要な著作はすべて織り交ぜてあるので、その全体像を容易に掴むことができる。ニーチェという人は本当にスケールがでかい思想家だ、というのが読了直後の印象。まあ、それも19世紀という転換期の世相抜きに考えることは出来ないわけであるが。やはり、破壊者と創造者の両面を指摘しておくことが、彼の正当な評価には必要なのであろう。その創造者たる面、彼の精神の貴族主義と呼べるところのものについては、個人的に共感するところがある。ニーチェの哲学を相対主義の元凶として切り捨てたシュトラウスが、実はニーチェ的であった、というような主張ができるのもこの点に関してであろう。しかし、そのために既存の秩序をその根底から否定することは、半ば時代の反映であったとは言え、そうそう首肯できることではない。彼は「大いなる政治」を語るが、それはもはや政治ですらないだろう。まあ、現在の貧相な思考では考え付くことも限られるので、今後その著作を読み進めていくうちによりクリアーにまとめていくことができるかと。あと、「生の永劫回帰」にちなんで、『輪廻と転生』(石上玄一郎著, 人文書院, 1977)なる本が書棚にあったので今度読んでみようかと思う。

著者の藤田健治(1904-1993)について。著者経歴欄には東京帝国大学文学部哲学科卒、生前の肩書きとしてお茶の水大学名誉教授とある。更に詳しくと思ったが、ググってみてもめぼしい情報が得られなかったので、今のところはこれしか判らない。ただ、著作集があるそうなので、今度そっちをあたってみようと思う。本書の記述からは、内外の多くの著名な研究者と交友関係をもっていたことが伺える。

==========
池内紀(1991)『悪魔の話』講談社現代新書

ふと書棚に目をやるとこんな本が混じっていたので読んでみた。なかなか興味深く読めた。あとがきにはこうある。「もっとも書きたかったのは、それ(悪魔)ではない。もっと危険で、もっと凶猛な悪魔、つまり人間を書きたかった」(p.204)。その言葉どおり、各章末にはシニカルな世相批判、人間批判が並ぶ。多少鼻につくものも無きにしも非ずだが。

著者の池内紀(おさむ)(1940-)について。Wikiにエントリがあったので、以下に一部改変して転載。(リンク)
-----
池内紀は、日本のドイツ文学者、エッセイスト。兵庫県姫路市出身。東京外国語大学外国語学部卒業、東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。神戸大学、東京都立大学、東京大学文学部で教鞭をとり、定年前の1996年に退官。退官後は文筆家、翻訳家として幅広く活躍している。NHK-FM「日曜喫茶室」の準レギュラー。天文学者の池内了は弟。アラブ研究者の池内恵は息子。
-----
posted by ta at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 文献レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。